リレンザ紹介所

リレンザがインフルエンザに効果抜群のイメージ画像

インフルエンザは予防接種をして、日常の対策に気をつけていても感染してしまうことがあります。最近はリレンザという患部に直接効く吸入タイプの薬が人気です。使い方は若干特殊ですが効果は抜群なリレンザでインフルエンザを治療しましょう!

リレンザは患部に直接効くのが特徴

インフルエンザの治療薬であるリレンザは粉状の薬を吸入して服用するタイプの薬です。
インフルエンザの治療薬は他にもタミフルなどの内服薬やラピアクタと言う点滴薬があります。
リレンザの特徴は、インフルエンザウイルスが増殖する気道に届いて、ウイルスの増殖を抑える事ができる点にあります。
気道に届いたリレンザはそこにしっかりとどまって、活発に動いて増えようとしているインフルエンザウイルスと闘ってくれます。
つまり、ウイルスが存在する患部である気道に直接効くので、効果を発揮しやすく、重症化するのを防ぐ事ができます。
ただし、ウイルスが増殖しきってからではあまり効果を発揮する事ができません。
ウイルスが増殖しきってしまう前に吸入して、まだ少ないうちに増殖を防ぐという使い方をするのが最も望ましいのです。
インフルエンザの正確な診断を受けるには高熱が出てから12時間ほど経過している必要があります。
しかし、リレンザは早めに吸入することが望ましいので、医師の診断を受けてリレンザが処方されたらなるべく早く一回目の吸入を行う方が良いです。
飲み込むために水が必要な内服薬と違って、外でも手軽に吸入する事ができるので、薬局で薬を受け取る患者さんに薬剤師が使い方を説明しながら、一回目を吸入させる薬局もあります。
インフルエンザはうつりやすく、熱が高く出る風邪だ、と軽く考えている人も少なくありませんが、高齢者や幼児がかかると命の危険もある怖い病気です。
手洗いうがいをしっかりして、ウイルスをもらわないように予防する事も大切ですし、かかったかなと思ったらすぐに病院で診断を受け、治療を開始する必要があります。
リレンザのように効果も安全性も高い薬があるので、きちんと使用して治療して行きましょう。

リレンザの使い方は若干難しいです

インフルエンザの治療と予防の両方に効果のある薬であるリレンザは、吸入タイプの薬です。
同じインフルエンザ予防薬であるタミフルは錠剤やシロップとなっていて誰でも薬剤を飲み込みやすいのに対して、リレンザは専用の吸入器をつかって薬剤を体内に取り込まなければならず、使用者によっては慣れるまでに時間を要します。
リレンザは、専用の吸入器と円盤型のアルミシート5つから成る製品です。
このアルミシートにはブリスターと呼ばれる凸部が4箇所あり、薬剤はその中に入っています。
使い方は、まず専用の吸入器についているカバーを外してトレイを取り出し、ブリスターがきちんとはまるようにアルミシートをのせます。
トレイを元の状態に戻したら、吸入器を水平に持ち、フタの部分を垂直になるまで起こします。
すると、ブリスターに穴があくので、吸入口をくわえて薬剤を吸い込みます。
リレンザを予防目的に用いる場合はこれで1回分の摂取は終了ですが、インフルエンザに感染してしまった人は1回につき2ブリスター使用しなければならないので、もう一度フタを起こす動作から繰り返して薬剤を吸入します。
1度セットしたアルミシートは、1回トレーを引き出してすぐに元に戻すだけで自動的に回転するので、わざわざセットし直す必要はありません。
リレンザの吸入器の操作は上記の通りですが、フタを中途半端に起こしてしまうと、ブリスターに穴がきちんと開かず、薬剤をうまく吸入できない可能性があります。
また、薬剤は大きく深く吸い込むことが重要であり、勢い良く吸い込む必要はありません。
吸い込んだ後は口を閉じて2~3秒程度息を止めるようにすると、薬剤が口から漏れずに上気道まで到達しやすくなります。
リレンザやタミフルは自分自身で使用することが可能で扱いやすいですが、ワクチンでの予防接種と違い、タミフルの服用やリレンザの予防投与は保険適用外なので注意が必要だということを覚えておきましょう。

リレンザに副作用はある?

リレンザはインフルエンザの治療薬として処方される吸入薬です。
一日に2回吸入するのを5日間続けるのですが、気道にとどまってインフルエンザウイルスが増えるのを防いでくれる働きをします。
治療薬として使われる事が通常ですが、予防薬としても効果があり、保険適用外となりますが医師にお願いして処方してもらう人もいます。
内服薬に比べて吸入薬は高齢者や小さな子供には使いにくいため、あまり普及していませんでしたが、インフルエンザの内服タイプの治療薬であるタミフルの副作用による事故が起こったため、リレンザを希望する人が増えたという背景があります。
しかし、どのような薬にも副作用が全くないと言う事はありません。
その人の体質や体調によって副作用が強く出たり、あまりでなかったりと差があるため副作用の経験がない人は軽視しがちですが、どのような副作用があるかきちんと把握して服用後は注意深く経過を観察する必要があります。
リレンザの副作用としては、鼻の粘膜への影響が出て鼻血が出る、下痢や腹痛などのお腹の症状が出る、頭痛化する、吐き気がするなどの症状が出る事があります。
タミフルのような異常行動や精神的な症状の副作用は報告されていませんが、インフルエンザで高熱が出ると薬を内服していなくても、おかしなことを言ったり、見えないはずの物が見えるような幻覚症状が出たりする事があります。
幼児や思春期の子供に特に出やすい症状なので、よく見守っておく必要があります。
リレンザは副作用の心配が全くないわけではありませんが、インフルエンザ治療薬としては副作用の心配が少ない薬であると言えます。
医師の指導のもと、きちんと回数などを守って使う事が大切です。