リレンザがインフルエンザに効果抜群のイメージ画像

インフルエンザは予防接種をして、日常の対策に気をつけていても感染してしまうことがあります。最近はリレンザという患部に直接効く吸入タイプの薬が人気です。使い方は若干特殊ですが効果は抜群なリレンザでインフルエンザを治療しましょう!

リレンザの予防目的使用に健康保険はNG、時期に注意

 リレンザは、インフルエンザの予防薬としても使えます。ただし、健康保険は適用されません。感染後の治療のためなら健康保険が使えるのですが、予防のために使う場合は使えないことになっています。自由診療扱いとなります。そのため、処方するかしないかは、医師の判断となります。一般的には、自由診療とは言え、ある程度の基準に沿って処方されるようです。インフルエンザの感染者と同居している65歳以上の高齢者や慢性心疾患患者、糖尿病患者、腎臓病患者などは、処方が受けられます。それ以外だと、医師の判断によってまちまちです。受験生などは、予防のために特に使いたいところでしょうが、医薬品ですから、医師の判断に従うことになります。
 リレンザは、使用時期にも気をつける必要があります。インフルエンザウィルスの寿命は5日間程度ですから、感染してから5日後に使用しても意味はありません。最も効果が高いのは、予防薬として使用した場合や、感染直後に使用した場合です。ウィルスの増殖が食い止められ、退治するウィルスがわずかしかいないため、体内の免疫細胞を活性化させる必要性もそれほど生じず、高熱が出ることを防げます。インフルエンザに感染して高熱が出るのは、免疫細胞を活性化するためです。体温が上がれば、免疫細胞が活性化します。体温が1度上昇するだけでも相当違ってきます。ウィルスを退治するのは体内の免疫細胞です。ウィルスが体内に蔓延してしまうと、免疫細胞はフル稼働しなくてはならなくなります。それをさせるために40度もの高熱にするわけです。しかし、免疫細胞をインフルエンザウィルス退治のために酷使すると、他の細菌などを退治できなくなり、合併症が引き起こされます。リレンザを、それを防ぐために有効活用したいものです。