リレンザがインフルエンザに効果抜群のイメージ画像

インフルエンザは予防接種をして、日常の対策に気をつけていても感染してしまうことがあります。最近はリレンザという患部に直接効く吸入タイプの薬が人気です。使い方は若干特殊ですが効果は抜群なリレンザでインフルエンザを治療しましょう!

2017年03月の記事一覧

流行マップで危険地区が判明したらリレンザの知識を

 インフルエンザの流行マップは、各公共機関がインターネット上で公開していますので、冬になったら随時確認しておきたいものです。自分や家族の行動範囲が、危険地区に当たっているからといって、外出しないわけにはいきません。飛沫感染するわけですから、自分や家族が感染する可能性は常にあると認識しておくことが大事です。インフルエンザの予防接種には効果が期待できませんから、感染の覚悟はしておいたほうがいいでしょう。予防接種の効果を5万人を対象に調べた自治体では、予防接種をしても効果がないことが判明したとして、集団予防接種を取りやめています。
 ところがそこに、救いのような情報がもたらされました。抗インフルエンザ薬であるリレンザに、予防効果が期待できるとする情報です。リレンザは、インフルエンザの特効薬と言われる新薬で、吸入して使用します。感染直後に使用すると、インフルエンザウィルスのその後の増殖が妨げられるため、症状の進行をくい止めることができ、治癒も早まります。これを感染寸前に飲んでおけば、より高い効果が期待できるわけです。ただし、感染の可能性がないのに飲むことは好ましくありません。リレンザは、抗インフルエンザ薬の中では副作用が少ないとされていますが、それでも薬である以上、副作用の可能性は常につきまといます。また、感染していない中での使用ですから、健康保険は効きません。自費診療での処方を希望しても、普通は処方されません。処方するかどうかは医師の判断に任せられますが、一般的には、同居者にインフルエンザ感染者がいる65歳以上の高齢者か心臓病あるいは腎臓病患者、糖尿病患者に限られるようです。そうした家族がいる場合は、予防薬として飲ませてあげたいものです。

続きを読む